【NEW ARRIVAL】”PARADOX” – ANORAK PARKA

 

”PARADOX”  2016 Spring Summer Collection 「WADATSUMI」

-JAPAN-

 

00

 

9th COLLECTION -WADATSUMI-

Theme of the summer 2015 “海神”.

We designed the God of the sea . Sea of blue, rocks of pink, sky of white.

This is a collection that is one with nature.

 

07

 

06

 

19

 

05

 

18

 

020202

 

【NEW ARRIVAL】”PARADOX” – ANORAK PARKA

 

98146903_o1

“PARADOX” – ANORAK PARKA (ICE) 20,000yen(+tax)

 

PARADOX(パラドックス)、ANORAK PARKA(アノラックパーカー)です。

 

98146903_o2

 

アノラックパーカーとは登山やスキーなどで用いられる、フード付の防風・防寒着です。

本来はグリーンランドのエスキモーが着ていた、トナカイやアザラシの皮でつくった、ゆったりした外着のことで、エスキモー語のアノラックanoraqが語源です。

 

98146903_o4

 

元来は毛皮製の防寒着だったアノラックパーカーがPARADOXの解釈で今回のテーマ「WADATSUMI」に落とし込まれたデザインに仕上がっております。

 

98146903_o3

 

柔らかく肌触りの良いデニム生地を使用しています。

春先にさらっと羽織れ、一枚でインパクトのあるアイテムです。

 

98146903_o6

98146902_o1

 

“PARADOX” – ANORAK PARKA (WHITE) 20,000yen(+tax)

 

98146902_o2

 

身幅がかなり広く作られたデザイン。

リラックス感漂うシルエットのアイテムです。

 

98146902_o3

 

WHITE、BLACKは肌触りの良いマットなポリエステル生地を使用。

清涼感のあるアイテムに仕上がっています。

 

98146902_o4

 

プルオーバータイプで首元はファスナー、スナップボタン、ドローコード仕様。

 

98332225_o1

 

“PARADOX” – ANORAK PARKA (BLACK) 20,000yen(+tax)

 

98332225_o2

 

袖口は捲りやすいようにリブ仕様。

裾にはドローコードが配され、シルエットを調節できるデザインです。

 

ANORACKICE

 

ANORACKICE01

 

ANORACKICE03

 

ANORACKICE02

 

ANORACKICE04

 

ANORACKICE05

 

ANORACKWHT01

 

ANORACKWHT03

 

ANORACKWHT

 

ANORACKWHT02

 

ANORACKBLK01

 

ANORACKBLK02

 

ANORACKBLK01

 

ANORACKBLK05

 

ANORACKBLK03

 

ANORACKBLK

 

サイズS : 裄丈約86cm , 身幅約75cm , 着丈約65cm

サイズM : 裄丈約88cm , 身幅約78cm , 着丈約68cm

素材 : ポリエステル100% , リブポリエステル100%

 

オンラインショップでのご購入はこちらから

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

http://plannet-hf.com/

PLANNET by H>FRACTAL
(プラネット バイ エイチフラクタル)

ADDRESS /〒220-8577 横浜市西区南幸2-15-1 横浜ビブレ1F

OPEN / 11:00-21:00

TEL / 045-313-2677

E-MAIL / info@plannet-hf.com

OFFICIAL HOMEPAGE / http://plannet-hf.com/

OFFICIAL BLOG / plannet-hf.com-blog

OFFICIAL ONLINE SHOP / shop.plannet-hf.com

OFFICIAL Twitter / @PLANNETHF

OFFICIAL Instagram / @plannethf

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■